老人 & 高齢者マンション しあわせは いつも♪ あの日の出来事
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じゅん
スポンサー広告


あの日から・・・3
ICUに1ヶ月ほどいたこーたん。3月中ごろより病棟に上がる。
2時間おきのサクション。かなり大変だなと思った。こーたんも辛いけど、
寝れない母も辛かった。
そんな時、一緒の部屋になったコヌさん、ICUも数日かぶっていたのに
一度も会ったことなかった。話をしていくうち、1年前にこーたんがカテだった時1泊だけ一緒の部屋になり少しだけ話した記憶が戻ってきた。
そんな縁からよく話もするようになった。
こーたんの元気な時をあまり知らないコヌさんだから、何でも話せた。

大魔神先生も、担当ナースのまりりんさんも、他のナースのバタ子さんやあやぷ(現在ニート中)そして、師長さんもみんなこーたんのこと考えてくれた。

ゼロゼロがひどくて起きることも出来ず、ずっと寝たまま。
目は上を向き反応がない。
でも、ある朝、夜勤明けのモーリーが「こうちゃん!バイビー♪」と
言ったら、笑った。
え?今・・・笑ったよね?ねぇ?笑ったよね?
笑ったわぁ~~~~!!

「バイビー」という濁音の入った言葉が元々好きだったから
それに反応したのかもしれないとみんなで濁音の入った言葉を
たくさん言ってみる。
でも、全部に笑うわけではない。
きっと、自分がおもしろいと感じたコトバだけに笑うんだ。
こーたんは自分で言葉を理解しているのかもしれないと思い、嬉しくなる。

 more...

スポンサーサイト
じゅん
あの日の出来事
0

あの日から・・・2
救急車に乗ってすぐにいつもの病院に到着。

処置室に入るこーたん。あたしは2,3泊の入院だろうなぁ~ケイレンのお友達は
だいたいそのくらい入院して帰っていくしね。なんて考えていた。
ばあちゃんに電話するが誰も出ない。病院に向っていた。

しばらくして研修医らしきドクターが飲んでいる薬、経過を聞きに来た。
ここの病院の患者だと話しているのにどちらで手術受けましたか?とか
トンチンカンなことを聞く。イライラしそうだったんだ。

こーたんは処置室で治療を受けている。どんな状況なのかを聞きたいけど、
誰もスタッフが出てこないので聞くことが出来ない。
ばあちゃんたちがあたしたちが到着してから40分後に到着。
張り詰めていたのが緩んでしまったのか、泣いてしまった・・・

だって本当に一人で心細くて怖かったんだもん。

 more...

じゅん
あの日の出来事
0

あの日から・・・1
それは、突然でした。

元気に幼稚園に通っていたこーたん。
H16年10月の遠足以来風邪を引いてなかなか登園できなかったけれど、
3学期が始まる頃にはゼイゼイの咳も治まりつつあり元気いっぱいでした。
3学期が始まってからは母は幼稚園のアルバム製作に忙しく、こーたんと一緒には
幼稚園で行動することが出来ず、これがいい機会になり母子分離がうまく行ってました。
先生たちやお友達ともいい感じで遊ぶことも出来るようになり、
今まで出来なかったことなどを挑戦するようにもなりすごく積極的でした。

 more...

じゅん
あの日の出来事
0

| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。