老人 & 高齢者マンション しあわせは いつも♪ あの日から・・・1
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じゅん
スポンサー広告


あの日から・・・1
それは、突然でした。

元気に幼稚園に通っていたこーたん。
H16年10月の遠足以来風邪を引いてなかなか登園できなかったけれど、
3学期が始まる頃にはゼイゼイの咳も治まりつつあり元気いっぱいでした。
3学期が始まってからは母は幼稚園のアルバム製作に忙しく、こーたんと一緒には
幼稚園で行動することが出来ず、これがいい機会になり母子分離がうまく行ってました。
先生たちやお友達ともいい感じで遊ぶことも出来るようになり、
今まで出来なかったことなどを挑戦するようにもなりすごく積極的でした。
2月に入ってエコー検査があり心臓のほうも順調だった。
その外来受診から3日後の2月6日、日曜日・・・


朝から少し熱が出てきていて幼稚園が少し負担になっていたのかなぁ~
インフルエンザではなければいいなぁ~と思い、
冷えピタで様子を見ていたけれど、昼過ぎから38度台に・・・
座薬(アンヒバ200)をさして、それでも遊んでいたけど15時過ぎ昼寝をする。
珍しく昼寝・・・やっぱりちょっと調子悪いのかもなぁ~、明日は幼稚園お休みしなくては。
アルバム製作もまた休んでしまうけど、ばあちゃんが来たら少しだけでも行ければいいか。。。など考えていた。

それから3時間後くらいして、起きたこーたんは横になりながらアイスを食べる。
「おいしぃ~。冷たくておいしいね!」と。
そしておじいちゃんに電話。少しおじいちゃんと話をして笑って。。。
いつもの光景。電話が終わったら着替えて少しご飯食べて薬飲んで寝かせようと
思いながら受話器を受け取る。そしてあたしがじいちゃんと話をしていた。

・・・そのとき

こーたんが急に黙りだし目が右上をむいて・・・
ふざけているんだと思って、何変な顔しているの?と話しかけたが
反応がない・・・ あれ?無視?ちょっとぉ~~~!!
体に力が入っている・・・ん?ちょっとちょっと・・・息してないんじゃない?
息止めている?何?何しているの?
こーたん!こーたん!!ちょっと反応してよ!こーたん!!!!!!

息してない・・・救急車呼ばなきゃ!

何が起こったかもわからず、救急車を呼んだ。

どうしましたか?と聞かれてもわかりませんが、子どもが息してません。
目が上に向いたまま戻りません。息が・・・息してないんです・・・

このまま受話器を切らずにしっかり聞いてね、お母さん!
・・・と言われても気が動転している。パニックになっていた。

こーたんの顔がだんだんと青白くなってくる。
こーたんがあたしを見ている。(気がした)助けて!と訴えているように見える。
でもどうすることもできない。

救急隊の人は人工呼吸をしてくださいと言う。
人工呼吸?どうするんだっけ?え?心臓を押すんじゃないよね?どうしたらいいの?
口に口を当てて?硬直しているもの・・・できないって!
酸素もしているのに鼻をつまめない。どうしたらいいのよ!

とにかく、こーたんの名前を呼ぶ。どうしていいかもわからず。
もしかしたら何か詰まっているのかとも思いサクションもしようとした。
でも口は硬くなっていて開けられない。
胸を何度も何度もたたいた。叩いても息を吸ってくれるかどうかもわからない。
それでも叩いた・・・

そして・・・すこぉ~しだけ浅い呼吸をした気がした。
でも、すごくゆっくりで浅く・・・

まもなく救急車が到着した。

あたしはこれで助かったと少しほっとできた。

ケイレンですかね?どうしてそうなったの?と聞かれてもわからないとしか言えない。
熱が少しあったけど座薬で下がってアイスを少し食べたと話した。

救急隊の人はこーたんを見てすぐにこれはケイレンだねと。
酸素をつけかえて救急車へこーたんを連れて行く。

通っている病院へ連絡して搬送。

これで、なんとかなる。助かった。きっと大丈夫・・・
そう思いながら乗っていた・・・
スポンサーサイト
じゅん
あの日の出来事
0

comment
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。